未経験だけどWebデザイナーになりたい!どうすればなれるの?

こんにちわ!久保です!

Webデザイナーってどうやってなるの?
やっぱり学校とか行かなくちゃいけないの?
どんなソフトが使えればいいの?
どういう人が面接に受かりやすい?

これからWebデザイナーになりたい!なってみたい!
そんな人のお役に立てればと思い今回記事を書いてみようと思いました。

簡単に自己紹介からさせて頂きます。

現在Web制作会社に勤める31歳男です。

Webデザイナーを目指したのは29歳のとき。

今はWeb事業部の責任者をやっています。

制作会社に務める前はずっとサービス業をやっていました。

今回はまったくWebデザイナーのことを知らない人でもWeb制作会社に就職するためにはどうすればいいのかを書いていきたいと思います。

※自分の働いてる制作会社のことを中心に書きますのですべての制作会社に当てはまるとは
限りません。

 

Webデザイナーって何?

LISA78_MBAsawaru20141018102912

 

みなさんの認識だと恐らく

  • ホームページのデザインをする人
  • なんかカッコイイホームページを作る人

自分もそうだったのですが結局何をしてるのかフワッとしててよくわかりませんよね。

ホームページを作る人たちは大まかに分けて下記の3つのポジションがあります。

ディレクター

ホームページを作りたいお客さんのところに取材に行ってどんなホームページにするか打ち合わせをする人。
それを会社に持ち帰りデザイナーとコーダーにどんなホームページにするか説明し作業をしてもらいます。
かなり重要なポジションです。
ここの取材でお客さんがどんなデザインにしたい、どんなシステムを入れて何をしたいなどをちゃんと取材ができていないとホームページが完成してから、こんなんじゃなかった!っとなりすべてが水の泡になります!

デザイナー

Webディレクターが聞いてきた内容を元にホームページのデザインをします。この時点ではまだクリックしたらページが変わるなどの機能はついておらず一枚の絵の状態です。ここで一旦お客さんにデザインのラフを見てもらいます。デザイナーが一番緊張する瞬間はきっとここ!

コーダー

無事デザインのOKをもらえたらコーダーの出番です!
クリックしたら他のページに飛べたり、お問い合わせフォームを作ったり、画像を動かしたり、色々とシステムを構築してホームページを作って行きます。
すべて終了したらお客様に確認してもらって問題が無ければ無事制作終了です!

 

制作の流れは

Webディレクター取材

デザイナーがデザイン

コーダーがシステム構築

上記の流れになります。

この間お客さんと直接やり取りするのはディレクターのみになります。

 

ポジションごとに必要な能力とは?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green6_huropc20141123161454-thumb-1000xauto-17840

ディレクター

ディレクターはほんとに色々と求められます。

全部書くと書ききれないので大体こんな感じってのが伝われば。

  • コミュニケーション能力
  • デザインの知識
  • コーディングの知識
  • 進捗管理能力

ざっと思う付くのは上記ですかね。

その他にSEOの知識だったりマーケティングの知識だったりとディレクターに求められるものがほんと幅広いです。

ディレクターは基本的にデザイナー、コーダーを経験してディレクターになる人がほとんどだと思います。

 

デザイナー

ホームページのデザインをするために下記のような能力が必要になります。

  • Photoshop
  • ホームページをHTML・CSSを使用して組む知識(コーディング)
  • Illustrator
  • デザインの知識

どのソフトを一番覚えておいたほうがいいのか?

これは会社によっても変わってくると思うのですが、うちの会社に限ってはPhotoshopでデザインラフを作るので

Photoshopが一番重要です。

次にコーディングの知識になります。

ある程度コーダーの人が組むときに組みやすいデザインをしなくてはいけないので

最低限どういったことがシステムで何が出来るのかを知っておくことが大事です。

実際に簡単なホームページなら自分で組めるようにはなっていて欲しいです。

Illustratorなのですがうちの会社ではIllustratorを使うことはそんなに多くないのですがこちらも使えたほうがいいです。

主にロゴの制作、イラストの制作、パーツの制作で使用します。

最後にデザインは流行などもあるので常に世の中の動向を見ておけるといいと思います。

ただ最先端のデザインだからOKというわけでもなくどういったものがお客さんに求められてるのかを考えてデザインできる人は印象がいいです。

例えばお客さんはお問い合わせが欲しいとの要望で、ホームページ制作を依頼しているのにそれを無視して自分よがりのデザインはNGです。

どんなにすごくカッコイイデザインでも目的が達成されないホームページはダメなホームページです。

またなんでそのデザインにしたのかをしっかり説明もできないといけません。

なんとなくこの色がよかったから、なんとなくこっちのほうがカッコイイと思ったからだとディレクターに怒られます(笑)

当たり前のことなのですが実際面接しているとそこを理解出来てない人が多いです。

 

コーダー

デザイナーが作成したデザインを作成する(コーディング)をするために下記のような能力が必要になります。

  • HTML
  • CSS
  • javascript
  • jquery
  • PHP
  • CMS(今主流なのはWordpress)
  • Photoshop

けっこう多いですね(汗)

でもすべて完璧じゃなくて当然大丈夫です。

最低限欲しい能力は

  • HTML、CSSでホームページが制作できること。
  • どっかのホームページからコードをコピーしてきていいのでjqueryを使えること
  • お問い合わせフォームが設置できること(PHP使用、これもコードをコピーしてもってきてもOK)

これが最低限ですかね。

なおいいのはWordpressのオリジナルテーマを作れたら最高です。

スピードも欲しいのですがこれは制作会社に入ってしまえば、いやでもスピードは上がります。

コーディングはとにかく作って作って作りまくる!

うちのコーダーにどうやって勉強してるの?って聞いたらとにかく自分が作りたいものを作るって言ってました。

そっちのほうがモチベーションも高いですし、何より楽しいですよね。

最後にデザイナーじゃないのになんでPhotoshopが使えないと行けないのかと言うと

デザイナーが起こしたラフをPhotoshopを使い画像を切ってその画像をHTML、CSSで

構築していくのでPhotoshopは使えないと仕事が出来ません。

 

未経験で制作会社の面接に受かるには!?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green7_hissyou20141123180454-thumb-1000xauto-17841

今回未経験者の話しになるのでディレクターに関しては割愛させて頂きます。

まず絶対必要なのがポートフォリオサイトになります。(自分の作ったものを紹介するホームページ)

できればサーバーを借りてネット上で見れるようにしておいたほうがいいです。

すごい凝ったものを作ってくる人もいますが、そんなに凝らないで簡易的なもので問題ありません。

力を入れるのだったら紹介する作品に力を入れて下さい。

それではポジション別にどんな人が受かりやすいのかを説明していきます!

未経験でデザイナーの面接に受かる人の特徴

  • デザインが好き
  • Photoshopが使える
  • Illustratorが使える
  • HTML・CSSを使ってホームページを作ることができる
  • 新しいものに挑戦するのが好き
  • コミュニケーション能力がある

これを全部満たしていたら面接は受かります!

でもHTML・CSSがまったくわからない!

そんな場合でもデザインが飛びぬけて出来てコミュニケーション能力が高ければ面接受かります。

その変わりデザインがすごい出来るのが条件です。

未経験でコーダーの面接に受かる人の特徴

  • HTML・CSSを使用してホームページを作れる
  • Photoshopが使える
  • 新しい技術を学ぶのが好き
  • WordPressを使ったことがある
  • お問い合わせフォームが設置できる
  • 簡単なjqueryの設置が出来る
  • コミュニケーション能力がある
  • スマートフォンサイトの構築経験がある

コーダーに関してはデザイン能力はほとんど求めません。

ただ上記に書いたことはすべて経験しておいて欲しいです。

 

【勉強方法の例】

Photoshopで簡単なデザインをする

それを元にHTML・CSSでコーディング

jquery・お問い合わせフォームを入れる

それをWordpressに組み替える

 

こんな感じで勉強すれば一通り学べると思います。

後気をつけて頂きたいのはちゃんとh1などをしっかり意識してコーディングできてること。

これが出来てると評価は高いです。

 

まったくの未経験からのおすすめ勉強方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MIMIYAKO85_cafedeworks20140725-thumb-1000xauto-17349

勉強するための選択肢は何個かあると思います。

  • 専門学校に通う
  • 独学で勉強する
  • ハローワークの職業訓練に行く

オーソドックスなところだとこんな感じでしょうか。

個人的には職業訓練が一番おすすめです。

なぜかと言うと基礎的なことはある程度学べますし、独学でやるよりも効率がいい、何よりもお金が掛からない!

うちの会社に専門学校卒で入ってくる子がいますが話しを聞くと学費がくそ高いです。

確かに学べるものが多いと思いますが、それよりも実際に現場で働いて学んだ方がものすごいスピードで成長します。

なので職業訓練である程度学んで面接受けまくって現場で働くのが一番近道だと思います。アルバイトでもOK!

ただ勘違いしちゃいけないのが職業訓練で学べるものはほんとに基礎的なもので勉強量としては全然足りません。

なので平行して独学でも勉強することが大事になってきます。

自分は職業訓練を受けて今の会社に就職したのですが半年間かなり勉強しました。

30人ぐらいのクラスだったのですが実際に就職できたのは2人です。

かなり厳しいと思った方がいいです。

職業訓練に通っただけで制作会社に就職はほぼ出来ない。

本当に本人の頑張り次第です。

 

 

自分の経験、今働いてる会社を元に記事を書いてみましたが参考になりましたでしょうか。

今回相当幅広く書いてあるのでもし他に聞いてみたいなどありましたらコメント残して頂ければ記事を書かせて頂きたいと思います。

今までデザインの勉強したことない、センスも無い、プログラミングとかまったく触ったこと無いって人も本当にやりたいことだったら

ぜひ挑戦してみてください!

たぶんあなたが思ってるよりもそんなにハードルは高くないし、センスなんてある程度努力で補えます!

 

ちなみに今うちの会社コーダー不足です・・・

誰か入ってくれないかな(泣)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*