自転車の交通ルール違反はどう変わった?

2015年6月1日から、道路交通法が改正されました。
今回、改正となったのは「自転車のルール違反」です。
3年以内に2回以上の交通ルール違反をした14歳以上の者には、安全講習の受講が義務付けられました。
もし受講しなければ、5万円以下の罰金刑が適用されます。

では、どんな走行が危険行為となるのでしょうか。


■自転車運転者講習の対象となる危険行為14項目

(1)信号無視

(2)通行禁止違反
道路標識によって車両の通行が禁止されている道路などは、自転車も通行してはならない。

(3)歩行者用道路徐行違反
歩行者用道路で徐行しなかった場合

(4)通行区分違反
正当な理由なく道路の右側部分を通行(逆走)した場合

(5)路側帯通行時の歩行者通行妨害
路側帯を通行する際は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。

(6)遮断踏切立入り
遮断機が下りてきているとき、下りているときに踏切に進入した場合

(7)交差点安全進行業務違反等

(8)交差点優先車妨害等
交差点内において直進車や左折車の進行を右折車が妨害する行為

(9)環状交差点の安全進行義務違反
環状交差点に入るときは徐行で左側に寄り、右回りに沿って通行せよ

(10)指定場所一時不停止等
一時停止の標識や赤の点滅信号では、きちんと足を付いて停止しないと危険行為扱いになります

(11)歩道通行時の通行方法違反
やむを得ず歩道を走行するとき、自転車は通行指定部分か車道側を走らなければいけません。

(12)ブレーキ不良自転車運転
ブレーキ装置がない、または制動不良な自転車に乗っている

(13)酒酔い運転

(14)安全運転業務違反
傘差し運転、携帯電話使用運転、2人乗り運転、イヤホン等使用運転

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*