人見知りが社交的になるには?

社交的になるには「自信」を持たなければならない、と一般的には考えられていますが、そんなことはありません。

ただし、自分を好きになることはプラスになります

相手に遠慮してしまって思うように話せないが、自分のことを好きになれば、相手からどう思われても気になりません。

過剰な自意識により、引っ込み思案になる

自意識が過剰で、「他人にいい印象を与えられないのではないか、嫌がられるのではないか」という恐怖心にとらわれてしまい人見知りをする場合もあります。

まずは、相手は基本的に好意的だと考えることです。
人は、誰かに興味を持ってほしいと思っています。そして、周囲の目は気にしないようにすること。
相手にどう思われるかを気にしていると、何も話せなくなってしまいます。
だから、周りの目は一切気にしないようにしましょう。一番大事なのは、相手のことを本当に知りたいという気持ちを持つことです!

人に興味が持てなかったら社交的になるのは無理です。

自分にばかり関心を向けるのではなく、相手のことを本当に知りたい、相手の話を聞いてみたい、と真剣に思うことが大切です。

そして、相手が何に興味があるのかを見極める。

関心を示した時は、相手の表情が変わります。(声にも表れます)

気まずい会話を始めた時や、相手との共通点を探っている時に、相手がいつ興味を示すかに注意しましょう。

最後に、社交的な人は笑顔が多い人です。

相手の目を見て微笑みかけながら会話をたのしみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*