お金持ちさんがやらない10のこと!

どうしてもお金が貯まらない.

お金持ちになりたかったらお金持ちに学べ!

億万長者がやっていないことを10のことをご紹介しましょう!

 

1.見栄をはる

お金持ちは必ず見栄をはることがありません。ブランド品や高級車、一戸建てなど一見お金持ちが持っているイメージがありますが、お金持ちは目的があるからブランド品を買うのです。これは似て非なるものです。お金持ちがブランド品を身につけるのは、その方が不動産業者や弁護士との交渉が有利に働くからです。お金を持っていることを匂わせた方が相手は好条件を提示してくるのです。本当に自慢したいだけではないのです。一般の人が見栄を貼るためにお金を使うのは無駄なのです。

2.投資よりも消費する

レジャーに行く、海外旅行に行く、美味しいものを食べる、とお金持ちもいろいろな消費をしているように見えますが、実際にはその何十倍も投資をしているのです。投資というのは、株式やFXだけではありません。本を読んだり、視察のために海外に行ったり、その数十倍も将来お金になるだろうことにお金を遣います。一般の人は投資よりも消費を優先しがちなのです。

3.ケチはカッコ悪いと思っている

お金持ちほどのケチはいません。日本ではケチというとあまりいいイメージはありませんが、ビジネス社会ではコスト削減ができなければその会社は生き残れません。コスト削減が上手でない人にはお金も集まってこないのです。お金持ちになるためには、ケチはカッコイイと思わなければいけないのです。

4.お金の話をしない

一般の人は、飲みの席などでも、お金の話は避けがちです。収入が低いことが友人にバレてしまうから。お金の話をするとイメージが悪くなるから、など理由はいろいろですが、お金持ちこそお金の話ばかりです。もちろん、自分のお金の失敗談も含めて、ざっくばらんに話していると、周りからもお金に関する話題が引き出せ、意外な儲け話につながる可能性もあるのです。

5.ノウハウや人助けをしない

お金持ちほど、恩を売る。意外とテレビドラマにあるようなお金持ちは、人が困っていても助けないシーンが出てきますが、そんなことはありません。その人が将来性があることが第一条件ですが、その条件に当てはまれば、お金持ちはリターンを顧みずに恩を売ってくれます。これはギブアンドテイクというギブ「与えること」が先にないと何も戻ってこないことを理解しているのです。

6.無駄な時間を過ごしてしまう

時間の管理が恐ろしく上手な人がお金持ちなのです。まず、無駄な時間をつくりません。無駄な時間というのは、将来のお金を稼ぐことにつながる時間か、否かで決まってきます。例えば、本を読む時間は、成長のための学習本であれば、無駄でない時間、マンガであれば、無駄な時間に分類されるのです。

7.リスクを恐れて、現状維持

お金を稼ぐためには、必ずといってリスクがあります。リスクを取らずにチャレンジをしないと、そのためのノウハウも絶対に身につかないのです。お金持ちが失敗したことがないわけでは全くありません。失敗の数が多い人がお金持ちなのです。

8.飲み会、カラオケにいきまくる

飲み会やカラオケは、お金持ちからすると「消費」の部類に入ります。接待は「投資」なのです。飲み会やカラオケで、ストレスを発散していると、お金も浪費し、時間も浪費することになります。

9.ゲン担ぎを信用していない

お金持ちほどゲン担ぎを重視する人はいません。これはなぜかというと、自分自身を信じられないとリスクがあっても、チャレンジすることがなかなかできないからです。ゲンを担げば、今日はいつもの成功パターン通りに実行したのだから、成功するはずだ。と思い込むことができるのです。イチロー選手ですら行う験担ぎ、お金儲けのプロも行っているのです。

10.支出と収入を把握していない

お金持ちは、支出と収入を1日単位で把握しています。これがすべてのお金の管理の基本だからです。家計簿をつけるなり、お金の管理を始めることが、お金持ちになる第一歩なのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*