【七夕】願い事が叶う短冊の書き方とは?

7月7日の七夕は、年に一度だけ織姫と彦星が逢瀬する日です。

願い事を書いた短冊を笹に吊るすのもなんだかロマンチック。

実は、みなさんが願う相手は 織姫 なんです!

そこで、織姫様に短冊を見てもらえる書き方とは?

 

願いごとが分かるように短冊の色を選ぶ

基本は5色

笹の葉につける短冊の色についても、何でも良いと思っていませんか?
実は、これには決まりがあるんです。

使う色は、緑・紅・黄・白・黒の5色。

青・緑(東)/木/仁 : 徳を積む・人間力を高める
赤(南)/火/礼 : 父母や祖先への感謝の気持ち
黄(中央)/土/信 : 信頼、知人・友人を大切にする
白(西)/金/義 : 義務や決まりを守る
黒(北)/水/智 : 学業の向上
後に「最上の色」と言われていた「紫」が加わり、黒が無くなり緑を青と呼んでいました

短冊に願いを書くときには、五常の意味を踏まえて、願い事に合う色を選んでみましょう。そうすれば、自分の思いを効果的に天に届けることができるかもしれません。

近年は様々な色の短冊があります。自分が好きな色の短冊や、風水を参考にピンクやオレンジなど、好きな色の短冊を飾るのも良いかもしれませんね。

七夕は恋愛のパワーが高まっているので、恋愛に関する願い事を書くときには薄いピンク色の短冊を選ぶと良いでしょう。

願いが叶う書き方は

「~する」と断言する
「~だったらいいな」「~すると思う」「~できますように」「~したい」といった願掛けではなく、
「~できる!」や「~になる!」、「~する!」と、いう風に言い切ってしまうのです。

「~になる」と断言することによって、人間は、その願いを叶えようと、無意識のうちに自分の行動が、変わっていくそうです。

名前も忘れずに書きましょう

自分の名前はしっかりとフルネームで入れることが大切です。
七夕の飾りつけは前日6日の夜にします。なので願い事もその時に書くのがいいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*