扇風機とサーキュレーターの違い!

扇風機とサーキュレーターの違い

扇風機は、人に直接風を当てる

●風量は少なめで拡散するため、遠くまで風が届きにくい。
●比較的静かなものが多い
●首ふり機能で直接風があたり続けるのを防いだり、
風量の調整・タイマーなど、多機能。

サーキュレーターは、室内の空気を循環させる

そのために、羽の周囲に太い幅の枠があり、
横方向に風が抜けないようになっています。

●風は強く、まっすぐ直線的に遠くまで届く
●強く集中した風なので、人間の体に当てるには向きません
●音や振動が大きいこともあるので、就寝時にも不向き
●機能が限られているものが多いですが、
首振り機能やタイマー付きもあります
●掃除・メンテナンスしにくいものもあるので要注意

エアコンと併用するには、効果的な設置場所などを選ばないと逆効果になる場合も。とくに冷房時には注意が必要です。

サーキュレーターのおすすめな使い方

▼部屋の上下の温度差をなくす

上下の温度差を均一化する、広い部屋のエアコン風が当たらない方向に冷たい空気を送りたい場合など。冬の暖房時には、暖かい空気が上に溜まるので特に効果的。
逆に夏場は、かえって下部の温度を上げてしまうことがあるので注意。

▼一つのエアコンで別の部屋や廊下などを冷やすために風を送る

続き部屋や、リビングに続くキッチン方向、廊下など、エアコンの風が届かない場所へ冷気を行き渡らせます。とくに夏場のキッチンは暑くなるので、主婦には助かりますね。

▼部屋の空気をすばやく換気する

外に向けて風を送ると、一気に外からの空気が入ってきます。
冬場の石油ストーブ使用時などにも。

▼部屋干しの洗濯物を乾かす

下から風を当てると乾きが早くなります。

×サーキュレーターが向かないのは

デスクファンとして → 書類が飛びます。体に直接風を受けすぎて良くありません。
就寝時の使用 → 音や振動がうるさく、不向きです。

まとめ
扇風機は身体に風を当てて、涼むための機械。
サーキュレーターは、部屋の空気を循環させるための機械。
形状や機能は似ているが、用途や目的が大きく異なる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*