生命保険料控除の対象に妻名義の生命保険も含まれるって知ってました?

生命保険料控除の申告のため、保険会社から届いた保険料控除証明書をつけて会社へ提出されている方も多いのではないでしょうか?

あなたの保険だけでなく妻名義の保険料も控除できるって知ってました?

 

 

保険料控除制度とは

保険料控除の手続きは正しくしていますか?

年末調整や確定申告で保険料控除の手続きをする人は多いかと思います。場合によっては還付金がもらえるため、手続きをしないともったいないのですが、みなさん手続きは正しくできていますか?

生命保険料控除と地震保険料控除がある

保険料控除には生命保険料控除と地震保険料控除があり、前者はさらに「生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」の3つにわかれています。

手続きに必要な保険料控除の証明書(生命保険料控除証明書)は、毎年10月頃に各保険会社からハガキで送られてきます。確定申告をするのは年が変わってからですが、会社勤めの人は年内に年末調整の手続きがあるので、それに間に合うようこの時期に発送しています。

生命保険料控除の対象となる生命保険とは

個人で加入する死亡保険や医療保険、がん保険などは、ほとんどが控除対象の保険になっています。生命保険料控除証明書が送られてきたら、控除の対象になる保険ということなので、判断に悩むことはありません。

また、一部の共済や、損害保険会社の身体の傷害または疾病により給付金等が支払われるような保険も、生命保険料控除の対象になっています。

ただし、個人年金保険料控除については、保険料払込期間や受取人、年金の受取り方などに一定の要件があり、それをクリアしてはじめて控除の対象になります。もっとも、個人年金保険料控除証明書が送られてきたら「控除の対象になっている保険」という判断ができます。

妻の保険も夫の年末調整で処理できる

次のような夫婦のケースがあったとします。

  • 夫:会社員。生命保険料控除対象の保険にだけ加入
  • 妻:専業主婦。個人年金保険料控除の対象となる年金保険に独身時代から加入。現在は夫が保険料を払っている

この場合、妻が個人年金保険料控除証明書を受け取っても、年末調整も確定申告もしなければ、証明書を使う機会はありません。控除を受けられのでもったいない話です。

実は、生命保険料控除の対象となるには、「保険金等の受取人」が保険料負担者かその配偶者、または他の親族である必要はあるものの、「保険契約者」が誰かは問われません。個人年金保険料控除の要件にある、「年金の受取人は保険料負担者またはその配偶者でなければならない」という部分も、特に問題はありません。

つまり、妻が契約者の個人年金保険を、夫の個人年金保険料控除として年末調整等で手続きをしても構わないといえます。

扶養家族がいる方は、税金対策してみては?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*