会話が苦手な人がついやってしまうNGな会話術

話すことが苦手な人の原因は、色々な種類があります。

話す内容が乏しい、自分に自信がない、慣れていないというものから、自分では苦手だと思っていないけれど、相手からは少し敬遠されているなんてことまで、幅広いでしょう。

相手の言っていることを理解しないまま話す

自分が話をするときに相手の話した内容を理解していますか?

相手の話が理解できていないようだと受け答えがトンチンカンなものになっているかもしれません。

相手の話が終わる前にこちらの意見を投げ掛けてしまったり、「要するに……」という感じで、人の意見を勝手にまとめてしまった経験はありませんか?

ようは最後まで話を聞かずに、早合点していると言う状態
相手の言葉の意味をきちんと理解してこそ、相手の望んでいる言葉を返すことができます。

良いとか悪いとか、同意するとかしないとか、そういうことは、一番最後にまわして、相手が何を言っているのか、何を言いたいのかを正確に把握することを最優先にしましょう。

余計なアドバイスをしたがる

良かれと思ってしたアドバイスも相手が求めていないようではありがた迷惑かもしれません。
相手は「そんなこと聞いてないよ」と思っているかもしれませんよ。

アドバイスしたがりな人は話の途中で「だったらこうすればいいじゃん」と言ったりします。

聞いてもいないのに助言をされると人は拒絶反応をおこします。

話を聞いて優しく励ましてくれるだけで十分なのに 、上から目線で余計なアドバイスまでしてくるのでうんざりしてしまう。

相手がアドバイスだけを求めて、そのアドバイスが問題解決できるような的確なものであればそれでいいかもしれませんが、コミュニケーションはもっと深いものです。

相手が助けを求めてきた場合は、一緒に考えてあげますが、それ以外は相手の課題を奪わないようにするべきです。

すぐに自分と比較する

相手の話す内容を自分が経験した出来事と比較していませんか?

相手のことよりも自分が主体になってしまうと会話が続かなくなることがあります。

自己顕示欲が強めの方がやりがちなミスです。

相手が喋っているとときは、相手のことだけを考えるべきです。

相手の話にすぐ反論する

自分の思ったことを話しているのに否定されてしまうと、どんな人でも話す意欲が削がれます。

自分の考えと違う意見ても相手の言葉をしっかり受け止めましょう。

自分が正しいと感じている人で会話力がないと「いや、それは違う」とすぐに反論をしてしまいがちです。

それが続くと相手は「この人と話してもムダだな・・・」と感じてしまうでしょう。

提案や自分の気持ちを言ったのに、完全否定されると取り付く島もないですよね。

 

相手の話を急かす

結論を急ぐあまり相手の話を急かしていませんか?

急かされた方は威圧的に感じて話すのをやめてしまうかもしれません。

ビジネスシーンであれば、結論から述べてダラダラ話さないことが良しとされていますが、それをプライベートな空間まで持ち込むのは少し考えものです。

たしかに、相手の話を急かすことで、貴重な時間を奪われなくて済むのでしょうが、このような話し方をすることで人の心は間違いなく離れていきます。

ついやってしまいがちなNG会話術
自分にも心当たりのある方は、注意点に気を付ければ話上手になれるかもしれませんね。

会話が続くかどうかというのは、その人が話し上手か話し下手かという潜在能力によるのではなく、ちょっとした注意点を分かっているかどうかによります。

上記のパターンの、いずれかに当てはまっているのなら、注意しないといけませんね。話し上手になれるように、自分の欠点を変えていく努力が必要となるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*