妊娠中にほとんどの妊婦さんが経験する!?腰痛対策で痛みを改善!

出産に向けて骨盤が少しずつ広がるという話は有名です。これにより、様々な妊娠中のトラブルが起こります。

中でもほとんどの妊婦さんが悩んでいるトラブルが腰痛です。赤ちゃんの成長と共にお腹もどんどん大きくなり、お母さんの体にもどんどん負荷がかかります。

完璧な対策は難しいですが、日常生活で気をつけるだけで腰痛の症状をやわらげることができます。

◇日常生活でできること

•妊婦用のベルトを使用する

•前傾姿勢になる家事の時間を短くする

•物を持ち上げて運ぶことを避ける

•長時間立ったり、歩いたりしない

•頻繁に楽な体勢で休憩する

•寝る時は横向きに寝る

•足を組まない

•足を開く姿勢を避ける

•足腰を冷やさない

•良い姿勢を心がける

•なるべく入浴する(半身浴がおすすめ)

 

◇猫のポーズ

四つん這いになり、両手と両足を肩幅に広げます。

猫のように腰を丸めて、元に戻るという動きをゆっくりと呼吸をしながら数回行いましょう。

毎日、腰をストレッチしておくことも腰痛の軽減につながります。

 

◇湿布の使用

妊娠中の薬の投与は控えていても、湿布なら大丈夫だと思っている妊婦さんもいるかもしれません。

湿布も薬品を使用しています。

数枚の湿布の使用は1錠の鎮痛剤と変わりないので、湿布の使用を考えている場合は必ず医師に相談してから使用しましょう。

 

腰がしんどい時は家族に優しくさすってもらうと良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*