産後の抜け毛を防ぐための3つのコツ

はじめに

出産後、しばらくすると増えてくる抜け毛。シャンプーやブラッシングのたびにごっそりと抜ける髪の毛を見て、ギョッとする女性も少なくないようです。

産後に抜け毛が増えるのは、ホルモンの関係上、仕方がないとはいえ、「できる限り抜け毛を減らしたい!」と思うのは当然のこと。

今回は、産後の抜け毛を防ぐためのコツをご紹介します。

 

抜け毛が増えるのはいつ?

だいたい妊娠後期から産後7〜8ヶ月にかけて抜け毛が増えたと感じる女性が多いようです。

著者の場合、妊娠中はそれほど抜け毛はありませんでしたが、産後3ヶ月を過ぎた頃から徐々に抜け毛が増え始めました。全体的に髪のボリュームがなくなり、手触りもスカスカに。

産後6ヶ月の時、初めて行った美容院で、美容師さんに「もしかして産後ですか?」と聞かれました。プロには、頭皮と髪の状態から産後であることがすぐにわかったようです。

産後の抜け毛を防ぐには

産後の抜け毛ホルモンバランスの変化によって起こりますが、母乳を与えることによる栄養不足、寝不足、ストレスなど複数の要因が重なると、抜け毛が大幅に増える可能性も。

それは、疲れやストレスによって血行が悪くなり、頭皮に栄養が行き届かなくなるためです。

それでは、どんなことに気をつければ抜け毛を防ぐことができるのでしょう。

1. 食事と睡眠に気をつける

母乳をあげている女性は特に、栄養のバランスに気をつけて食事をしましょう。

白米と根菜を中心とした和食は、血液の流れを良くする効果があるため、母乳の出をよくするためにも効果的。

それに加えて、たんぱく質が豊富な魚や、ミネラルを含む海藻類、女性ホルモンと似たはたらきをする大豆イソフラボンを含む納豆や豆腐を意識して食べるようにすると、抜け毛予防に効果的です。

また、赤ちゃんが小さいとどうしても寝不足になりがち。

昼間赤ちゃんが寝ている時は、できるだけ一緒に休息を取るなどして、自分の体をよく休めましょう。

2. ストレスをためない

ストレスがたまると血液の流れが悪くなり、頭皮に十分な栄養が届かなくなります。

産後はホルモンバランスの乱れからどうしてもイライラしやすくなってしまいますので、自分に合った方法でストレスを解消することを心がけてください。

一人の時間を作るのはなかなか難しいでしょうが、時には子どもを旦那さんに見ていてもらい、一人で入浴するだけでも、ストレス解消になります。

ゆっくりと湯船に浸かってあたたまることでリラックスし、血行がよくなります。

頭皮のマッサージなども合わせて行えば、より効果的ですね。

3. ヘアケア剤を使う

最近では、女性用の育毛剤も増えてきました。女性用の育毛剤は、ホルモンに作用するものではなく、自然派の原料を使った、頭皮環境を整える効果のあるものがほとんどです。

妊娠中や産後のデリケートな時期でも使えるよう処方してある育毛剤も多くありますので、抜け毛予防に使ってみるのもよいでしょう。

妊娠中から育毛剤を使ってケアすることで頭皮の状態がよくなり、産後の抜け毛を減らすことができます。

おわりに

産後の抜け毛は、出産をしたほとんどの女性が経験するもの。

どんどん抜けてくる髪の毛を見て不安になるかもしれませんが、ホルモンのバランスが落ち着けば抜け毛は次第に減ってきます。

妊娠中や産後は、食事と睡眠、ストレスをためないことにいつも以上に気をつけて過ごすようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*