妊娠中に足がつるのはナゼ?原因と対処法

妊娠中期から後期にかけて、通常よりも足がつりやすいとよく言われます。なぜつりやすいのか、その原因を紹介していきます。

足がつることを、こむら返りといいます。

こむら返りになると、患部が硬直して動かなくなりますよね。それは、筋肉が急激に収縮してしまうためです。筋肉が固まってしまうので、足を動かせなくなります。

原因は?

収縮の原因は主に血液中の成分バランスが崩れることです。大量に汗をかいたり、ホルモンバランスが崩れると、血液中の成分にも影響がいき足がつります。

また、血行が悪くなることも足がつる原因の一つです。運動不足や、急激な運動、水分不足などの原因で足がつることもあります。
妊娠中によく起こるのはなぜ?

1、ホルモンバランス

妊娠すると女性の身体は、赤ちゃんを守るため、そして出産に備えてホルモンのバランスが崩れます。

ホルモンバランスが崩れると血中成分のバランスも崩れ、足がつりやすくなるのです。

2、ホルモンの分泌

妊娠すると女性の身体は、全身の関節を緩めるホルモンが分泌されます。これは出産する際に骨盤を緩めなくてはいけないためですが、陣痛が起きてから急激に分泌したのでは遅いので、妊娠中から徐々に分泌されていきます。

すると妊娠後期に近づくに従って、骨盤が緩んでいきます。骨盤が緩んでいると、脚の筋肉は引き伸ばされた状態になるのですが、それに対し、ふくらはぎの筋肉はもとに戻ろうとするのです。

それが立ったり座ったりなど、脚に不負荷がかかる度に起こり、ふくらはぎの筋肉は急激に収縮しようとします。そのため、妊娠中はちょとした動きでも足がつってしまうのです。

妊婦腹

3、ぽっこりお腹

妊娠も中期を過ぎると次第にお腹がふくらんできます。これは順調に赤ちゃんが成長している証拠ですが、これによりママの下半身の血行が悪くなります。

子宮が大きくなり下腹部が出てくることで、脚の血管が圧迫され、下半身の血流がうまく循環しなくなるのです。
つってしまったときの対処法

足がつってしまったら、収縮している筋肉をゆっくりと伸ばすことが必要です。その方法を状況別に紹介していきます。

誰かがそばにいるとき

ひざを伸ばした状態で、足の裏からゆっくり押してもらいましょう。

足スト

自分一人のとき

誰かに足の裏から押してもらうのと同じ状態になるようにします。

ひざを伸ばした状態で、つま先をつかんで、自分の方へゆっくり引っ張ります。

お腹が大きく、つま先に手が届かない場合はタオルなどを使って行います。タオルを足先にひっかけ、両端を自分の方へ引っ張ることで、つま先を引っ張るのと同じ状態にすることができます。

足タオル

立っているとき

立った状態で足がつり、座るのが困難な場合は、アキレス腱を伸ばすようにして筋肉を伸ばします。

つっていない方の足が前、つったほうの足が後ろにくるように、足を前後に開き、後ろの足の裏がしっかり床についた状態で、前の足に重心をかけます。

アキレス

アフターケア

足のつりが治まったら、蒸しタオルなどで筋肉を暖めてあげると回復が早くなります。また暖めることで、再発防止にもつながります。

つらないために!その予防法

では、足がつらないようにするためにはどうしたら良いのか。予防法をみていきましょう。

1、バランスの良い食事

血中成分を始めとする、体内環境を正常に保つためにも、栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。

特に足がつるのは、ミネラルやカルシウム不足にも原因があります。妊娠して足がつりやすくなったという人は、次の栄養素を意識して積極的に摂るようにしましょう。

ミネラル
カルシウム
マグネシウム
ビタミンB
2、姿勢に気をつける

大きく突き出たお腹で姿勢を意識するのは大変ですが、下記の2点に注意してみてください。

長時間同じ姿勢でいない!

長時間同じ姿勢でいると、血行が悪くなり、つる原因となります。特に直前まで仕事をする予定の妊婦さんは、デスクワークなどで長時間同じ姿勢にならないよう、合間にストレッチをするなど工夫しましょう。

寝るときは足先を上に!

お腹が大きくなると下半身の血流が悪くなります。それを少しでも緩和するために、寝るときは脚を高く上げて寝るのが理想的です。

しかし、仰向けで寝るのがつらいという妊婦さんも多いはず。仰向けが苦しい場合でも、横を向いて上になった脚を、クッションの上に乗せて寝るなどの工夫をしましょう。

3、血行を良くする!

血行を良くするための方法といえば、マッサージ!

特に効果的なのは、お風呂での半身浴をしながらのマッサージです。ふくらはぎを中心に下半身をマッサージしましょう。ただし、立ちくらみなどの原因になるので、お湯はぬるめに設定をして、長湯をしないように気をつけたいですね。

お腹が大きくてマッサージがしにくいという妊婦さんは、旦那さんにマッサージをお願いするのも良いと思います☆

他に着圧の靴下を着用するのもおすすめです。

着圧

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*