他では食べられないプリンがあるカフェ5選【東京】

プリン大好き!

生クリーム多めのものから卵本来の風味豊かなものまで

プリンの種類は膨大。

そんな中から、他では食べられないプリンをご紹介!

 

 

キャトル

東京都目黒区柿の木坂3-11-4

日本で最初のフランス人パティシエによる洋菓子店「ルコント」で修行をした東健司氏による店で「うふプリン」が有名。
見た目もかなり可愛い!!

味はプレーンをはじめ苺、ショコラ、かぼちゃなど様々!
見た目だけではなく中身も奥久慈の地卵を使用したなめらかな味のプリンになっています。

 

CAFE ZENON

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-3

変わった容器に入って出てくるプリン。
写真でみると温かいプリンに見えますが実際は冷たくて滑らかな口当たりで、濃厚なたまご風味の味わいがやみつきになります。

 

とよんちのたまご

東京都世田谷区北沢2-37-16 富士喜ビル 1F

千葉県にある豊和養鶏場で採れた卵をその日のうちにお店に運んでいるので、常に最高の鮮度の卵を提供できます。
黄身のみを使用しているのでかなり濃厚な味わいになっています。

 

コロンバン

東京都渋谷区神宮前6-31-19

大正13年(1924年)3月に創業した老舗フランス菓子店であるコロンバン。
コロンバンの屋上にある養蜂場で採れた自家製天然蜂蜜を使用した『原宿はちみつプリン』!
はちみつの風味を生かすために牛乳、卵、砂糖のみを使用しており、カラメルの代わりに蜂蜜をかけて食べます。

 

ぷりん屋BATON

東京都葛飾区亀有4-38-9

イタリアン出身のシェフが手がけるプリン屋BATON。
命プリンと書いて「みことプリン」と読む、さらりとした控えめな味が人気のプリンです!

さまざまな柄の和紙を包装紙として採用。とても可愛い!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*