プラチナリング取り扱い方

マリッジリングの取り扱いについて、よくあるシーン別にまとめてみました。
私もマリッジリングをつけていてこれは大丈夫かな?と思う事が時々あります。 こ
れからの長い人生でずっと身につけていく物ですから上手に付き合っていきたいですね。
今からマリッジリングを購入される方、またマリッジリングを既につけられている方にとって マリッジリングとの付き合い方のご参考になればと思います。

 

日常での取り扱い

炊事のときは?

リングをつけたまま炊事をすると、食器とリングがぶつかって双方に傷がつく恐れがあります。また、炊事中は洗剤によってリングが抜けやすくなります。炊事の時には手袋をするか、外しておく事をオススメします。

お風呂に入るときは?

石鹸・シャンプー・トリートメントによって変質変色する事はございませんが、リングが抜けやすい状態になりますので、抜けないように気をつけましょう。また、トリートメントなどのヘアケア剤は手やリングの表面に付着しやすく、残りやすいので手とリングをきちんと洗い流しましょう。

メイクのときは?

化粧品として使用するものが、プラチナやゴールドを変質変色させる事はありません。しかし、ダイアモンドのついているデザインのリングの場合、化粧品類は油分が多く、ダイアモンドは油分が付着しやすいので汚れて輝きがなくなってしまいます。また、表面に彫刻などのデザインがあるタイプのリングは、その溝の部分にファンデーションやクリームが入り込み、汚れがたまる原因となります。メイクの間は外しておくか、きちんと手と指輪を洗う事をオススメします。

温泉に指輪をつけて入っても大丈夫?

プラチナは非常に安定した金属ですので温泉の成分で変質変色する事はまずありません。しかし、温泉でなくされると見つかりにくいという事もございますので外して入る事をオススメします。K18ゴールド製の結婚指輪は、ゴールド事態は比較的安定した金属ですが、その割り金(ゴールド75%以外の金属)が温泉の成分である硫黄成分と反応し、変色する事がございます。温泉に入る時は必ず外される事をオススメします。

スポーツの時は?

スポーツの時は指輪に急激な力が加わることの多い場面です。ラケットを握ったり、ボール打ち返したりといった直接的な接触意外でも、手に力が入る事によって変形する恐れがあります。特に華奢なデザインの指輪は変形しやすい傾向にありますので、スポーツの際には外される事をオススメします。

リングのお手入れ

マリッジリングも、つけていると次第に汚れてきます。特にダイアモンドがついたリングは、汚れてくると白っぽくなり、輝きが鈍ります。自宅でもできる簡単なクリーニングの方法をお教えします。1、中性洗剤(食器洗い用でOK)を水またはむるま湯に少し溶かす。
2、柔らかめの歯ブラシを液に浸し、リングの表面、内側を優しくこする。
3、水で液と汚れをよく洗い流し、タオルや柔らかい布で水気を拭き取る。

いつまでも輝く指輪に。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*