デコルテニキビの原因と対処法!

夏場など首回りが空いた服を着る場合、デコルテニキビが気になり憂鬱になることも。今回はデコルテニキビの原因と対処法についてまとめました。

人目につかない部位のため、あまりメジャーな悩みとして挙げられませんが、実は多くの女性が胸元のニキビやブツブツに悩んでいると言われています。

少しでも胸元の開いた服とか着れなくて本当に鏡を見るたび落ち込みます。

デコルテニキビはさまざまな原因が考えられます。よくストレスによるホルモンバランスの乱れということが言われますが、すでに起きているストレスを軽減するのは、なかなか大変です。

今回は、外的要因や食事など改善しやすいものをまとめました。

 

胸と胸の間は、汗の溜まりやすいところなので、炎症したニキビができやすい

思春期には成長に伴って、皮脂腺の活動が活発になり特にニキビができやすいのですが、大人になっても皮脂分泌の多い背中や胸はニキビができやすい部分

大人ニキビは原因が解消されなければどんどん悪化して、思春期とは位置や出来方が変わってきます。10代の頃にはTゾーンに出ていた二キビは、年齢と共に徐々に下にさがり、フェイスラインやアゴ、首筋などに出来るようになります。

デコルテニキビの原因はさまざま

原因01:シャンプーやトリートメントがデコルテに残っている

トリートメントで時間を置き、その間に体を洗う人も多いかもしれません。その場合、洗い流したつもりでもデコルテ周りに残ってしまうことも。
お風呂の時、シャンプーやコンディショナーを洗い流した時、お肌に残ってしまうのもトラブルのもとに。最後に体を洗う様にしましょう。

対策:体を一番最後に洗うようにする

 

原因02:体を洗う時に刺激を与えている

デコルテ周りは皮膚が薄く、刺激に弱い場所です。しっかり泡立てて、やさしく洗うのがおすすめです。
体を洗うときのタオルは綿タオルにしましょう。ポリエステル性のタオルでゴシゴシ洗うのが最も肌や毛穴を傷つけてしまう方法な上、ニキビ跡の色素沈着を引き起こす原因にもなります。

対策:泡をしっかりと立て、刺激が少ないタオルで洗う

 

原因03:髪の毛先が胸元に当たっている

ダウンスタイルにしていると、知らない間に毛先がデコルテに当たっていることも。ニキビが気になる時は、アップスタイルなど髪をまとめておきたいです。
髪についた菌がにきびの原因になることもありますし、にきびのあるところに毛先がちくちくと当たると、刺激になって治りにくくなってしまいます。デコルテにきびを発見したら、治るまでは、髪をアップにして、にきびに刺激を与えないようにしましょう。

対策:ニキビが気になる時は、髪型はアップスタイルに

 

原因04:ルームウェアが汚れている

普段着ている服とは違って、洗濯の頻度が少なくなるルームウェアやパジャマ。寝ている間に大量の汗をかいているので、思っている以上に汚れていることも。
お風呂に入って体をキレイにしてきたのに、汗や皮脂が染み込んだルームウエアを着ては意味がありません。背中やデコルテにニキビができる原因になったり、肌に良くない影響が出てきます。

対策:ルームウェアを頻繁に取り替える・洗濯をする

 

原因05:ボディクリームを塗りすぎている

ニキビ対策で重要な保湿。油分が強すぎるボディークリームは必要以上に塗らないように心がけたいです。
背中や胸などにニキビができやすい部分には、ボディクリームを必要以上に塗らないようにすることです。これは、油分が原因でニキビを作ってしまうことになるためです。

対策:油分の強いボディクリームは使用量を守る。ボディニキビ用化粧品を使用する

 

原因06:紫外線による日焼け

ニキビと紫外線はあまり関係がなさそうに思いますが、脂腺排出管が閉ざされ、行き場を失った皮脂がニキビの原因となることも。
紫外線による日焼けで皮膚は角化がすすみ、胸ニキビができやすい環境へと変化します。紫外線にあたると、ニキビの原因になっている活性酸素の発生がおきます。

対策:デコルテも紫外線対策をしっかりと行なう

 

原因07:乳製品の取り過ぎ

乳製品を取りすぎるとニキビを誘発しやすいと言われています。体質によって異なると思いますが、一度試してみるのも良いと思います。
ハーバード大学で発表された研究結果によると、乳製品とヨウ素の過剰摂取はニキビを誘発し、肌荒れに繋がるリスクが高まると言われています。
『乳製品は、皮脂の分泌を促して毛穴をふさぐ原因にもなる』と聞いて、試しに牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品をやめてみたら肌質が改善! 毛穴のつまりが原因の細かいプツプツもなくなりました

対策:摂取する乳製品の量を抑える

 

原因08:糖分の取り過ぎ

ニキビだけでなく、糖分の取り過ぎはいろんな悪影響を及ぼします。ニキビが気になる時は、お菓子や菓子パンなどの摂取を極力控えたいです。
大量の糖分を摂取すると、分解する際に体内ではビタミンB群が必要になります。同じく脂肪の分解にもビタミンB群が必要になる為、皮脂の分泌が盛んになり、ニキビが出来やすい環境になってしまいます。間食をやめるだけで、背中のニキビが無くなる!なんてことも。
ニキビが気になるときは、糖分の多い飲料やお菓子は控えて。また脂っぽいものや辛いものも刺激になるので控えるべき。旬の食材を積極的に取り入れるように

対策:お菓子や菓子パンなどの摂取をやめる
原因09:汚れた手でデコルテを触っている

スマートフォンを触ったりするなど、人の手には雑菌がついています。つい癖で顔やデコルテ周りを触ってしまうと、症状を悪化させる場合も。
人は何となく肌が気になったり、髪がくっついているのが気になって、思っている以上に手のひらで顔を触ってしまっているもの。しかしながら手には雑菌はもちろん、身の回りの柔軟剤や抗菌剤などが付着してしまっています。その刺激が肌荒れを引き起こしてしまっているのかもしれません。

対策:手で触る癖を意識的にやめる。手を清潔に保つ

 

 

デコルテや首回りは年齢が出やすく、意外と見られている場所。デコルテニキビがあると気分も憂鬱になるので、顔と同様に普段からニキビケアを意識しておきたいです。
デコルテニキビの対策はニキビが出来ていないときでも、普段から気をつけて行うことが理想的です。小さくても1つでもニキビが出来てしまっていることに気付いたら、すぐに開始するのをおすすめします。
入浴時には汚れが溜まりやすい部分だという自覚を持ってしっかり洗うことが先決です
大人になってから出来るニキビは、ホルモンバランスの乱れも大きな原因です。胸ニキビを予防するためには、食生活の見直しや睡眠時間の確保のほか、ストレスを溜め込まない生活スタイルが大切になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*