この夏は『こんにゃくそうめん』でダイエット!

暑い夏。

食欲がない時は、さらりと素麺でも・・・。

でも、素麺って意外とカロリー高い!!

でも食べたーい!というそこのあなたに必見。

 

 

この夏は、こんやくそうめんでダイエットしてみては?

「こんにゃく」は代表的なヘルシー食材!

 

こんにゃくが、健康に良いと言うのはいまや常識!

低カロリーでダイエット効果があり、食物繊維やカルシウムが豊富なんです。

成分の90%以上が水分でカロリーは“ほぼゼロ”

こんにゃくは約90%が水分で、残りは食物繊維がほとんど。
だから100gで5kcalとゼロに近い。同じく低カロ食材である豆腐と比べてもカロリーは約1/12。

 

しかし、「こんにゃく」はヘルシーなだけじゃない!

乾燥肌を改善しようと、化粧品ばかりに頼っていませんか?
根本的に改善するには、皮膚にある「セラミド」を増やさなければなりません。
セラミドはこんにゃくに多く含まれます。積極的に食べて、しっとり肌を目指しましょう。

セラミドはお肌の潤いをキープして、コラーゲンを繋ぎ、ハリと弾力を保ってくれています。

こんにゃく芋のセラミド含有量は、米の7から15倍!!

セラミドが豊富なだけでなく、肌トラブルの原因「便秘」を解消できるのも、こんにゃくの魅力。

余分なメラニン色素を抑制する働きがあり、美白にも効果もあります。

お肌に効果的な「こんにゃく」の取り入れ方

「生芋」という表示をチェック!

皮ごとこんにゃく芋をすりつぶして作る「生芋こんにゃく」の方が、セラミドが豊富。

生芋こんにゃく100gで1日の必要量(600μg)が摂取できます!

ごはんならお茶碗25杯分が、こんにゃくなら約半丁だから、いかに豊富なのかわかります。

しかし、「こんにゃく」の食べ過ぎは要注意!

大量に食べ続けると、それが原因で腸閉塞を起こす人もいます。

こんにゃくを主食にするなど、食べすぎることは控えるようにしましょう。
糸こんにゃくは、適当な長さに切って食べるなどの工夫をするのもオススメ。

よく噛んで、適量を食べれば、ダイエットなどに有効な食品!

食事をこんにゃくだけで済ませるなど極端な食べ方さえしなければ、美容と健康に良い食材なので、バランスの良い食事を心がけて、美しく健康的に取り入れることが大切です。

色んな食品の代替としてコンニャクが使われています!

こんにゃくそうめんは湯がく必要もないし、水分を吸って伸びる心配もありません。
よーく洗えば、コンニャク独特の臭みをないのでツルツルさらりと食べられます!

スーパーで一度手にとってみては?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*