寝相で痩せやすい体質に!

ダイエット、頑張っているんだけれど効果がイマイチ・・・。

寝ている間の体の向きを気にしてみると
効果が倍増するかも!!

寝相が悪いと骨盤がゆがみ、代謝の低下や冷えなどにより、肥満をも引き起こす要因となる場合があります。

寝相によって、体が歪んでしまうことが原因らしい…

寝相2

ダイエットの効果が全然でない…と思っている人は、寝相が悪いからかもしれません。
ダイエットにとって、体の歪みを整えることは大切!!
長時間体勢が変わらない睡眠中は、骨盤のクセもつきやすく、体が歪みやすい時間とも言えます

横向きは脂肪がつきやすくなる

片方の骨盤だけに体の重みが大きくかかるので、かなり骨盤の負担になります。そして、骨盤がゆがみ、脂肪がつきやすくなってしまいます。
肩関節に重心がかかり、こりや痛みの原因になる、顔が歪みやすくなります。

どうしても横向きで寝ることが直せないようであれば、抱き枕を脚にはさんで寝ると負担軽減に!

うつ伏せもダメ!!

頭をうつ伏せにして枕にのせるため、首に負担がかかり、さらに背骨の曲線が支えられないため腰痛の原因になってしまうことも。

顔面に重みがかかった分、目や頬の辺りにしわが寄ります。睡眠中の数時間、顔にしわが寄った状態のままになるため、しわができやすくなるのです。

仰向けがベスト!!

均等に重心がかかるため骨盤も歪み難いんです。
“寝相”による影響は、特に首や腰(骨盤)まわりに出やすくなります。
体の歪み予防には、普段からの姿勢と仰向けでの就寝がオススメ!

骨盤も歪みにくく、ダイエットの助けになります!
寝相は睡眠にも繋がります。

いい睡眠=痩せやすい体

今夜から実践してみては?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*