1日1食でプチ断食

やることは単純。
1日1回だけ、朝昼晩を問わず食事をとること。

1食1

メリットとは?

消化に掛けるエネルギーが減るので、疲れも減る

空腹感から集中力が増し、仕事の効率が上がる

血中のコレステロール値を下げることで、嫌な臭いの元となる皮脂の発生量を減らし、体臭がかなり少なくなります。

 

方法・注意点をご紹介します。

・1回の食事に、たんぱく質を多く含む食品を取り入れる
肉類や魚類、豆類などを素材にしたもの
野菜や果物でビタミンもしっかり摂る
難しければジュースで補助

・よく噛んで食べる

・どんなに栄養素の高い食材でも、1回の食事を単品にしない
量がしっかりあっても、カレー1品だけ、オカズは野菜炒め1品だけ、などでは栄養が偏ります。

・空腹感はジュースや流動食で対応。固形物を間食しない

 

「1日1食は夕食で取る!」

夕食で大量に食べるということはダイエットではタブー視されていますが、夜間は栄養を吸収する時間帯なので、夕食で栄養分の高いものを食べ、朝には排泄をして、きちんとした流れを作ることで疲れのたまらない身体を作れます。

慣れるまで多少時間が掛かると思いますが、プチ断食してみては?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*